コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動揺肩(動揺性肩関節) どうようかたどうようせいかたかんせつ Loose Shoulder

1件 の用語解説(動揺肩(動揺性肩関節)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

どうようかたどうようせいかたかんせつ【動揺肩(動揺性肩関節) Loose Shoulder】

[どんな病気か]
 肩の関節が、あらゆる方向に正常以上に動いて、不安感をともなうのを動揺肩といいます。
 外傷と関係なく、自分の意志で肩を脱臼(だっきゅう)させたり、特定の腕の位置で肩が習慣性に脱臼する状態もこれに含まれます。
[症状]
 症状としては、肩関節の痛み、脱臼しそうな不安な感じ、腕のしびれ感、肩こりなどがあります。
 肩関節以外にも、指、足、肘(ひじ)や膝(ひざ)の関節がやわらかい人に多くみられます。
[治療]
 男女とも、13~14歳で発症することが多いようですが、発症から4年の間に、とくに治療を必要としない状態になっている例も多くみられます。
 症状が続く場合は、まず肩の周囲の筋力を鍛える必要があります。それでも腕のしびれを訴える人には、肩甲骨(けんこうこつ)の安定をはかり、姿勢をよくするバンドを装用してもらうこともあります。
 しかし、脱臼をくり返す人には、関節を包んでいる袋(関節包(かんせつほう))を縫い縮める手術や、肩甲骨の傾きを正しくするために大胸筋(だいきょうきん)を移動する手術などが行なわれることもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

動揺肩(動揺性肩関節)の関連キーワード股関節新湯あらゆる有りと有らゆる四十肩何心地不死身ヒルトンの法則球節炎 (osselet)関節軟腫 (articular windpuff)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone