コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動脈血(読み)ドウミャクケツ

大辞林 第三版の解説

どうみゃくけつ【動脈血】

肺でガス交換された血液。酸素に富み二酸化炭素が少なく鮮紅色を呈する。心臓に還流したあと、末梢へ向けて送り出され、身体各部の組織に酸素を与える。肺動脈を除く動脈および肺静脈に流れる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の動脈血の言及

【呼吸】より

…循環系の分岐によって,毛細血管とその周辺の組織との間の距離は短縮され,ガスの拡散によるガス交換が可能となる。十分にO2を含み,CO2の少ない動脈血が毛細血管に到達すると,ガスの濃度こう配に従ってO2は組織へ移り,CO2が組織から血液へ移る。ここで血液は静脈血となって心臓の右心房,右心室を通って肺へ送られ,肺の中の気道の末端分岐部に位置する肺胞に接する毛細血管に達する。…

※「動脈血」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動脈血の関連情報