コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘合印 カンゴウイン

デジタル大辞泉の解説

かんごう‐いん〔カンガフ‐〕【勘合印】

勘合2に押す印。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

防府市歴史用語集の解説

勘合印

 中国の明[みん]が海賊や勝手な貿易をふせぐために室町幕府にあたえた、正式な使者であることを証明する割符[わりふ]に押す印かんのことです。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

かんごういん【勘合印】

勘合に押した証印。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の勘合印の言及

【印章】より

…継目印は割印の応用とみることもできる。割印は一つの完全な印を左右に折半して甲乙2者が保管し,これを便宜必要に応じて左右を併合することによってその一致を勘し合わせるので勘合印と称する。中世大内氏が勘合印を海外貿易に使ったのはその一例である。…

※「勘合印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勘合印の関連キーワード勘合貿易証印