勘合印(読み)かんごういん

  • かんごういん カンガフ‥
  • かんごういん〔カンガフ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 室町時代、勘合貿易で使用した勘合②に記した「本字壱号」などの半印。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の勘合印の言及

【印章】より

…継目印は割印の応用とみることもできる。割印は一つの完全な印を左右に折半して甲乙2者が保管し,これを便宜必要に応じて左右を併合することによってその一致を勘し合わせるので勘合印と称する。中世大内氏が勘合印を海外貿易に使ったのはその一例である。…

※「勘合印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android