コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘合 カンゴウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐ごう〔‐ガフ〕【勘合】

[名](スル)
照らし合わせて真偽を確かめること。また、よく考え合わせること。「原本と勘合する」
明(みん)代の中国で、正式の使船の証として外国に与えた割符。日明間では「日本」の2文を分け、明船は「日」字を日本船は「本」字を持参し、相手国の底簿と照合した。勘合符

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんごう【勘合】

( 名 ) スル
突き合わせて考えること。考え合わせること。 「問注所に於いて-せしむべし/東鑑 寛元一
みんが他国との通交に際して、正式の使船であることを証するために発行した割符わりふ。1404年以降、「日」「本」の二字を分け、日本船は本字号、明船は日字号の勘合を携行して往来した。勘合符。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勘合
かんごう

中国、明(みん)が諸外国との通交において、正式の朝貢船に所持を義務づけた渡航証明書。江戸時代以降、勘合符ともよんだが、当時の記録には単に「勘合」とのみ記されている。明政府が海賊や倭寇(わこう)を取り締まり、私貿易を禁止するために発行したもので、1383年に暹羅(シャム)、占城(チャンパ)、真臘(カンボジア)に交付したのが最初。日本には1404年(応永11)に来日した明使によってもたらされた。勘合は一種の合わせ札で、日本との間では、国名「日本」の2字を分け、日字と本字についてそれぞれ一号から百号まで番号を付した各100道(100通)の勘合がつくられた。同時に、それを検査するための原簿として日字号勘合底簿2扇、本字号勘合底簿2扇もつくられた。このうち本字号勘合100道と日字号勘合底簿1扇が日本に交付され、その他は明に置かれた。遣明船は1船ごとに本字号勘合をもって入明し、寧波(ニンポー)と北京(ペキン)で底簿と照合されて検査を受けた。逆に明船は日字号勘合を携帯して来日する定めであった。『戊子入明記(ぼしにゅうみんき)』という記録より推定すれば、「本字壹號」と印した紙の、文字の中央から左半分を勘合とし、右半分を底簿に綴(つづ)ったものとみられる。勘合の大きさは縦約82センチメートル、横約36センチメートル。明皇帝の代替りごとに発行され、旧勘合は明に返された。[池上裕子]
『田中健夫著『対外関係と文化交流』(1982・思文閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の勘合の言及

【勘合符】より

…〈勘合〉の俗称。勘合の本来の意味は〈かんがえあわせること〉であり,中国では軍事,外国交通,銭糧の収支,官吏の公務出張などの証明の割符(わりふ)のことをいった。…

【勘合貿易】より

…日本の遣明船によっておこなわれた日明間の貿易に対する俗称。一般には,勘合(勘合符)を用いておこなわれた貿易と解されているが,勘合は船舶の渡航証明書ではあるけれども貿易の許可証ではなく,勘合貿易という用語は日明間の貿易の実体を正しくいいあらわしたものとはいえない。むしろ,勘合を所持した勘合船の貿易とか,遣明船の貿易とか表現する方が適当であろう。…

※「勘合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勘合の関連キーワード商都・柳井謙道宗設足利義満永享条約足利義持日明貿易寧波の乱問注所南海路通信符抽分銭遣明使勘合船勘合印宗性春真偽原本寧波二字通交

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勘合の関連情報