勘定口座(読み)カンジョウコウザ

大辞林 第三版の解説

かんじょうこうざ【勘定口座】

簿記で、借り方・貸し方に分けて計算・記録をする帳簿上の場所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんじょう‐こうざ カンヂャウ‥【勘定口座】

〘名〙 簿記で、財産および資本の変動を各勘定科目ごとに記録計算する帳簿上の場所。〔英和商業新辞彙(1904)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の勘定口座の言及

【勘定】より

…企業における勘定科目とその配列とを一覧表示したものを勘定科目表という。 勘定科目ごとに記録・計算する場所のことを勘定口座といい,勘定口座を提供している帳簿を元帳という(〈帳簿〉の項参照)。勘定口座の形式は,標準式と残高式とに大別される(図参照)。…

※「勘定口座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android