勘当船(読み)かんどうぶね

精選版 日本国語大辞典の解説

かんどう‐ぶね カンダウ‥【勘当船】

〘名〙 (通いつめて勘当されることが多かったところから) 猪牙船(ちょきぶね)の異称。江戸の新吉原に通うのに利用された。
※評判記・吉原徒然草(1704‐11)五「かんとふふねばかりにものすべからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android