コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝光 かつみつ

3件 の用語解説(勝光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝光 かつみつ

?-? 室町-戦国時代の刀工。
備前(岡山県)長船(おさふね)派。右京亮を称した。長享2年(1488)近江(おうみ)(滋賀県)攻めの足利義尚(よしひさ)にまねかれ,長船刀工団をひきいて近江鈎里(まがりさと)(現栗東町)に出陣作刀する。刀身約60cmの打刀に乱れ刃をやいた。同銘の刀工が数代つづく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

勝光

生年:生没年不詳
室町末期の備前(岡山県)長船の刀工。祐定と並び,室町末期の末備前と称される長船派の刀工を代表する。『蔭凉軒日録』に勝光,宗光一党60名が備前の豪族浦上家の命で近江国(滋賀県)に出陣作刀したと記されるように,同時代に修理亮,右京亮,彦兵衛,六郎次郎などを名乗るものがいて複数の同銘が存在するが,次郎左衛門尉勝光が作品が多く,技術も優れている。作品は片手で振れる60cmほどの打刀が多く,また鎧通し呼ばれる重ねの厚い短刀や両刃の短刀のような特殊な形状のものもあり,作風は丁字,互の目,湾れなどの乱れ刃のほか直刃もあって作域が広い。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かつみつ【勝光】

1434~?) 室町中期備前長船の刀工。右京亮。赤松政則幕下の武将。弟左京進宗光とともに当時の長船鍛冶の代表的刀工。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝光の関連キーワード雲生真長末兼祐定(1)祐定(2)祐定(3)祐定(4)祐平正恒(1)康光

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勝光の関連情報