コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長船 おさふね

4件 の用語解説(長船の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長船
おさふね

岡山県南東部,瀬戸内市北部の旧町域。岡山平野東部にある。 1955年美和村,国府村,行幸 (みゆき) 村の3村が合体して町制。 2004年牛窓町,邑久町と合体して瀬戸内市となった。古くからの農業中心地域で西の土師 (はじ) ,南の須恵は古代の土器生産地の名残り。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おさふね〔をさふね〕【長船】

岡山県南東部にあった町。中世は名刀の産地で知られ、備前の政治・経済の中心地であった。平成16年(2004)11月に牛窓町、邑久(おく)町と合併して瀬戸内市となった。→瀬戸内

おさふね【長船】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「長船」姓の人物
長船騏郎(おさふねきろう)
長船長光(おさふねながみつ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長船
おさふね

岡山県南東部、邑久(おく)郡にあった旧町名(長船町(ちょう))。現在は瀬戸内(せとうち)市の一地区。1955年(昭和30)行幸(みゆき)、国府(こくふ)、美和(みわ)の3村が合併して町制施行。2004年(平成16)牛窓(うしまど)町、邑久町と合併、市制施行して瀬戸内市となる。旧町域は、吉井川下流東岸、岡山平野東部の千町(せんちょう)平野の一部を占め、西部をJR赤穂(あこう)線、国道2号が走る。名称「長船」は、往時の名刀の産地にちなむ。長船、八日市、福岡地区は吉井川の自然堤防上にあり、長船と福岡は鍛冶屋(かじや)千軒といわれ、鎌倉~室町時代には備前(びぜん)長船、福岡一文字(いちもんじ)の名刀の産地として知られた。また、築山(つきやま)古墳、花光寺山(けこうじやま)古墳などの古代遺跡もあり、須恵器(すえき)が発達した。福岡は『一遍上人(いっぺんしょうにん)絵伝』に示されているように、13世紀には市場(いちば)町として栄え、岡山に城下町が建設されて商人が移住を命じられるまで、備前の政治、経済の中心であった。なお九州の福岡は、ここ出身の黒田氏が筑前(ちくぜん)に移り築城したとき、故郷にちなみ命名したもの。現在は農村地帯で、駅付近は岡山市のベッドタウンとして宅地化が進行中である。備前長船刀剣博物館、須恵古代館がある。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長船の関連キーワード瀬戸内岡山県瀬戸内市牛窓町鹿忍岡山県瀬戸内市邑久町尾張岡山県瀬戸内市邑久町尻海岡山県瀬戸内市邑久町本庄岡山県瀬戸内市邑久町豆田岡山県瀬戸内市邑久町箕輪岡山県瀬戸内市邑久町虫明岡山県瀬戸内市邑久町百田岡山県瀬戸内市邑久町山手

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長船の関連情報