コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)刀 ウチガタナ

デジタル大辞泉の解説

うち‐がたな【打(ち)刀】

刃を上にする形で腰帯に差す。敵と切り合うための長い刀で、鍔(つば)をつける。鍔刀(つばがたな)。打ち太刀。→腰刀太刀(たち)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の打(ち)刀の言及

【刀】より

…これが後に,《大鏡》の〈一尺ばかりのかたな〉,《今昔物語集》の〈八寸許(ばかり)の刀〉といった,武器として長い太刀に対する短刀と,そのまま小道具として拵(こしらえ)に組み込まれた小柄(こづか)や硯箱に入る小刀などに分化したと思われる。さらに,この短刀から,寸法が長く鐔をつけた,太刀の代りに腰にさした打刀(うちがたな)が生じた。そしてこの打刀と同形で寸法の短いもの,すなわち脇指を添えたものが大小(だいしよう)であり,江戸時代の武士の指料として武家社会に定着したのである。…

【刀装】より

…また鎌倉時代から南北朝時代にかけては太刀の差添(さしぞえ)として用いた腰刀(こしがたな)の遺例も多く見られ,赤木柄腰刀(箱根神社),柏木兎腰刀・梅花鮫包腰刀(春日大社),菊造腰刀(毛利報公会),桐文螺鈿腰刀(厳島神社)などが優品である。 室町時代の刀剣の特徴の一つに,前代から引きつがれた太刀のほかに打刀(うちがたな)が流行したことがある。太刀が刃を下にして佩用したのに対し,打刀は刃を上にして腰に差す形式をとるもので,戦闘が徒歩集団戦になるにしたがい,軽便で抜き打ちしやすいために盛行した。…

【日本刀】より

…ただ持主が刀工にとくに注文して作らせた入念の作,すなわち注文打ちには傑作も少なくない。前代までは太刀が主体であったのが,この時代からは刀(または打刀(うちがたな)という)がそれにとってかわった。刀は腰にさすもので多数の徒歩の士が戦争に参加するようになったという戦術の変化がかような事態をもたらしたのである。…

※「打(ち)刀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

打(ち)刀の関連キーワード日本刀の用語肥後派日本刀三所物兼元関物武芸脇指合口脇差小柄勝光

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android