コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝山藩〈美作国〉 かつやまはん

藩名・旧国名がわかる事典の解説

かつやまはん【勝山藩〈美作国〉】

江戸時代美作(みまさか)国真島(まじま)郡勝山(現、岡山県真庭(まにわ)市勝山)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は明善館。出雲街道の要所であるこの地は、南北朝時代から三浦氏の領地であったが、三浦氏が毛利氏に追われたあとは、森氏が支配し、1697年(元禄10)の森氏改易(かいえき)後は天領となっていた。1764年(明和(めいわ)1)、三浦明次(あきつぐ)が三河(みかわ)国西尾藩から2万3000石で転封(てんぽう)(国替(くにがえ))して立藩。以後明治維新まで、鉄鉱山経営を藩財政の柱に、三浦氏10代が続いた。1869年(明治2)に真島藩と改称、71年の廃藩置県真島県となり、その後、北条県を経て76年岡山県に編入された。

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

勝山藩〈美作国〉の関連キーワード勝山(岡山県)三浦明次藩庁

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android