コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝山藩〈美作国〉 かつやまはん

1件 の用語解説(勝山藩〈美作国〉の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

かつやまはん【勝山藩〈美作国〉】

江戸時代美作(みまさか)国真島(まじま)郡勝山(現、岡山県真庭(まにわ)市勝山)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は明善館。出雲街道の要所であるこの地は、南北朝時代から三浦氏の領地であったが、三浦氏が毛利氏に追われたあとは、森氏が支配し、1697年(元禄10)の森氏改易(かいえき)後は天領となっていた。1764年(明和(めいわ)1)、三浦明次(あきつぐ)が三河(みかわ)国西尾藩から2万3000石で転封(てんぽう)(国替(くにがえ))して立藩。以後明治維新まで、鉄鉱山経営を藩財政の柱に、三浦氏10代が続いた。1869年(明治2)に真島藩と改称、71年の廃藩置県で真島県となり、その後、北条県を経て76年岡山県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝山藩〈美作国〉の関連キーワード美作美作大学美作市清水美作辻政方野矢為政不破美作正木輝雄真島鶴堂美作内侍

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone