勝島 仙之助(読み)カツシマ センノスケ

20世紀日本人名事典の解説

勝島 仙之助
カツシマ センノスケ

明治〜昭和期の獣医学者 東京帝大名誉教授。



生年
安政5年10月(1858年)

没年
昭和6(1931)年12月27日

出生地
備後国御調郡三原(広島県)

学歴〔年〕
東京農林学校〔明治11年〕卒

学位〔年〕
獣医学博士〔明治32年〕

経歴
母校・東京農林学校教授、後身の帝国大学教授、東京帝大獣医学部教授などを歴任し、名誉教授となる。のち中央獣医会会長に就任し獣医学界に貢献、日本の獣医学の権威として知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android