勤務間インターバル(読み)きんむかんいんたーばる

知恵蔵miniの解説

勤務間インターバル

1日の最終的な勤務終了時から翌日の始業時までに、従業員一定時間の休息を確保させる取り組み。休息時間を設定することで1日当たりの労働時間が制限され、恒常的な長時間勤務の是正につなげることができる。EU(ヨーロッパ連合)加盟国では1993年より制度として義務付けられている。日本では法律で定められてはいないが、労働組合主導で導入に向けた取り組みが進められており、情報通信産業や外食産業などを中心にルール化が広がりつつある。

(2015-7-9)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

きんむかん‐インターバル【勤務間インターバル】

終業から次の始業までの間隔。特に、労働者の健康確保などを目的として、勤務と次の勤務の間に確保すべき一定以上の休息時間のこと。→勤務インターバル制度
[補説]例えば、勤務時間が9時から18時までの場合、勤務が終わる18時から翌日の勤務が始まる9時までの15時間が勤務間インターバルとなる。労働者が生活と仕事のバランスを保ちながら働き続けるには、一定時間以上の勤務間インターバルを設ける必要があるとされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勤務間インターバルの関連情報