コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧業債券(読み)かんぎょうさいけん

世界大百科事典内の勧業債券の言及

【日本勧業銀行[株]】より

…〈農業工業ノ改良発達〉のために長期低利の不動産抵当貸付けをなすことを目的としたが,1902年に工業の長期資金供給機関として興銀が設立されたので,勧銀は農業の長期資金供給機関としての色彩を濃くした。資金は債券(勧業債券)発行により集めるものとし,債券発行を容易にするため,特別に割増金付債券の発行が許可された(現在第一勧業銀行が宝くじを取り扱うのはこの特権の名残である)。11年には勧銀法が改正され,都市の不動産金融にも進出できるようになった。…

※「勧業債券」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android