日本勧業銀行(読み)にほんかんぎょうぎんこう

  • にっぽんかんぎょうぎんこう ‥クヮンゲフギンカウ
  • にっぽんかんぎょうぎんこう〔クワンゲフギンカウ〕
  • にほんかんぎょうぎんこう〔クワンゲフギンカウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1897年6月日本勧業銀行法(勧銀法)に基づき,農工水産業の改良,発達を促すため長期資金を供給する特殊銀行として設立された。創業時の資本金 1000万円。当時は預金業務は許されず,債券発行が認められていた。1902年工業向けの長期資金供給機関として日本興業銀行が設立されたため,日本勧業銀行農業向け長期資金供給機関としての性格を強めた。1910年勧銀法改正によって預金,手形割引,短期貸付業務を開始。第2次世界大戦後,救済銀行の役割を果たし,1921年の日本勧業銀行及農工銀行合併ニ関スル法律(勧農合併法)以来,農工銀行の吸収,合併によって全国の支店網を形成。1950年には勧銀法廃止で普通銀行となった。1952年長期信用銀行法の制定により,日本興業銀行が長期信用銀行に転換したが,日本勧業銀行は普通銀行として残存した。1971年10月1日第一銀行と合併し,第一勧業銀行となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

明治30年(1897)日本勧業銀行法に基づいて設立され、昭和25年(1950)普通銀行に転換した銀行。昭和46年(1971)第一銀行と合併、第一勧業銀行と改称。平成12年(2000)日本興業銀行富士銀行と共に持株会社みずほホールディングスを設立。平成14年(2002)に3行が統合・再編されて、みずほ銀行およびみずほコーポレート銀行となった。勧銀。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

殖産興業政策推進の観点から明治10年代より構想されてきた特殊銀行として設立された金融機関の一つで、「勧銀」と略称された。日清(にっしん)戦争後の企業勃興(ぼっこう)期であった1896年(明治29)制定の日本勧業銀行法により翌97年2月に資本金1000万円で開業した。不動産担保による長期資金供給の専門金融機関としての性格をもち、長期低利による農業開発資金、地方公共団体の耕地・農道・水路などの整備・改良資金などの貸付が期待されていた。その運用資金は主として債券発行で調達されるものとされた。開業当初には紡績業への救済融資もあったが、耕地整理資金の供給など農業面へ貢献するところが大きかった。しかし、明治末年には殖産興業政策の性格を漸次喪失し、大正期にかけて市街地不動産金融が増大した。大正末から昭和初年にかけて不動産金融の資金化など救済金融機関化するが、この間、代理貸付制度を通して関係の深かった農工銀行との合併がしだいに進められた。第二次世界大戦中から預金銀行としての色彩を強くしていたが、戦後1948年(昭和23)にGHQ(連合国最高司令部)が特殊銀行廃止の方針を打ち出すと、50年5月に普通銀行に転換、71年10月には第一銀行と合併して第一勧業銀行となった。第一勧業銀行は2002年(平成14)4月、富士銀行、日本興業銀行と分割および合併し、みずほ銀行、みずほコーポレート銀行に統合・再編された。

[岡田和喜]

『大蔵省編『明治大正財政史 第15巻』(1938・財政経済学会)』『日本勧業銀行調査部編・刊『日本勧業銀行史』(1952)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

明治三〇年(一八九七)日本勧業銀行法に基づいて設立された半官半民の銀行。明治時代の殖産興業政策の一環として、農業や工業への長期資金を低利で融資する性格を持たされ、資金は主として債券発行によって調達するものとされた。昭和二五年(一九五〇)普通銀行に転換し、同四六年、第一銀行と合併して第一勧業銀行となる。平成一二年(二〇〇〇)日本興業銀行、富士銀行と共に持株会社みずほホールディングスを設立、同一四年に旧三行を統合・再編してみずほ銀行およびみずほコーポレート銀行となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1897(明治30)年,農工業の改良発達のため設立された特殊銀行
おもに勧業債券発行により資金を調達し,不動産抵当に長期貸付けを行う。最初殖産興業,のち農業・中小企業の救済機関としての役割を果たし,第二次世界大戦後は普通銀行になり,1971年第一銀行と合併して,第一勧業銀行となった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android