勧農鳥(読み)カンノウチョウ

デジタル大辞泉の解説

かんのう‐ちょう〔クワンノウテウ〕【勧農鳥】

《春に「田を作らば作れ、時過ぐれば実らず」と鳴き、農業を奨励するといわれたところから》ホトトギス別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんのうちょう【勧農鳥】

ホトトギスの異名。 〔鳴き声を、「田作らば作れ時過ぐれば実らず」と聞き取って呼んだ語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android