コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時鳥/子規/杜鵑/不如帰/郭公 ホトトギス

デジタル大辞泉の解説

ほととぎす【時鳥/子規/杜鵑/不帰/郭公】

[名]
カッコウ科の鳥。全長28センチくらい。全体に灰色で、胸から腹に横斑がある。アジア東部で繁殖し、冬は東南アジアに渡る。日本には初夏に渡来。キョキョキョと鋭く鳴き、「てっぺんかけたか」「ほぞんかけたか」「特許許可局」などと聞きなし、夜に鳴くこともある。自分の巣をもたず、ウグイスミソサザイなどの巣に托卵する。古くから春のウグイス、秋の雁(かり)とともに和歌に詠まれ、また冥土に往来するともいわれた。別名が多く、文目鳥(あやめどり)・妹背鳥(いもせどり)・黄昏鳥(たそがれどり)・偶鳥(たまさかどり)・卯月鳥(うづきどり)・早苗鳥・勧農鳥(かんのうちょう)・魂迎鳥(たまむかえどり)・死出田長(しでのたおさ)などがある。杜宇(とう)。蜀魂(しょっこん)。しき。とけん。 夏》「―大竹藪をもる月夜/芭蕉
(「杜鵑草」「油点草」などと書く)ユリ科の多年草。本州以南の山野に自生。高さ約60センチ。茎はやや斜めに伸び、葉は長楕円形で先がとがり、基部は茎を抱く。9月ごろ、6弁花を上向きに開く。花びらは白地に紫の斑が散り、1の胸模様を思わせる。 秋》
[枕]ホトトギスが飛ぶ意から、「飛ぶ」「とば」にかかる。
「―飛幡(とばた)の浦に」〈・三一六五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

時鳥/子規/杜鵑/不如帰/郭公の関連キーワード杜鵑・時鳥・子規・不如帰・杜宇・蜀魂・田鵑鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥只取り山のほととぎす鳴くまで待とう時鳥ホトトギス(鳥)曾我綉俠御所染曽我綉侠御所染梅雨小袖昔八丈曾我綉侠御所染三題噺魚屋茶碗東儀 季芳十六夜日記藤寿亭松竹鳴く・啼く明治新曲魚屋茶碗タチバナ山口素堂宿貸し鳥嵐 巌笑

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android