俗説(読み)ぞくせつ

精選版 日本国語大辞典「俗説」の解説

ぞく‐せつ【俗説】

〘名〙 はっきりした根拠もなく、世間一般にいい伝えられている世俗の人の説。
※作文大体(1108頃か)「第十俗説 凡俗説者世俗所伝之説也」
※仮名草子・かなめいし(1663)中「その外浮(うき)たる俗説(ゾクセツ)どもにいよいよたましゐをけす斗也」 〔漢書‐刑法志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「俗説」の解説

ぞく‐せつ【俗説】

確かな根拠もなく、世間に言い伝えられている話。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「俗説」の解説

【俗説】ぞくせつ

世俗の間に伝えられる説。〔池北偶談、談異四、天医〕俗部、人をつときは、必ず天りて之れに隨ふ。或いはつときは、則ち旋(ま)た之れを活かすと。ごろ~二人同行して雷にひ、皆死す。其の一人忽(きやうこつ)として一比丘(びく)()を見、~則ち生く。比丘亦た見えずと。

字通「俗」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android