勾股弦・鉤股弦(読み)こうこげん

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐こ‐げん【勾股弦・鉤股弦】

〘名〙 和算で、直角三角形、およびその三辺。直角をはさむ二辺のうち短い辺を勾(こう)、長い辺を股(こ)、斜辺を弦という。
※竪亥録(1639)六「知鈎股弦之弦式者、以鈎之尺数自因乗而得歩数

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android