コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竪亥録(読み)じゅがいろく

世界大百科事典 第2版の解説

じゅがいろく【竪亥録】

江戸初期の数学書。1639年(寛永16)刊。著者の今村知商(生没年不詳)は毛利重能の弟子で,毛利の評判を聞いて毛利の塾に入門した。しかし,今村が毛利から教わった内容は直線図形に関する計算であって,円や曲線に関する求積は今村自身がくふうしたことがこの書の序文に見える。《算用記》《割算書》《塵劫記》といずれも和文で書かれているのに,本書は漢文で書かれた公式集で,当時考えられた数学の問題がすべてまとめられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の竪亥録の言及

【和算】より

…1631年版には,多色刷りの挿絵まで入れられている。今村の《竪亥録(じゆがいろく)》(1639)は《塵劫記》とはまったく対照的に,説明も漢文で書かれ,内容も当時最高の公式をまとめた公式集である。今村自身のくふうも含まれている。…

※「竪亥録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android