コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勾配説 こうばいせつgradient theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勾配説
こうばいせつ
gradient theory

卵または生物体において,生理的または生化学的活性の中心があり,これが中心から離れるに従い,減少する一定の活性の勾配をなしていて,形態的分化の基礎をなすという説。特に卵の発生では,の前後軸,背腹軸に沿って2重の勾配が想定される。ただし勾配の本体を,胚内でのある単一物質の濃度勾配に単純に帰着させることはできない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android