勾配説(読み)こうばいせつ(英語表記)gradient theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勾配説
こうばいせつ
gradient theory

卵または生物体において,生理的または生化学的活性の中心があり,これが中心から離れるに従い,減少する一定の活性の勾配をなしていて,形態的分化の基礎をなすという説。特に卵の発生では,の前後軸,背腹軸に沿って2重の勾配が想定される。ただし勾配の本体を,胚内でのある単一物質の濃度勾配に単純に帰着させることはできない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android