コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勾配説 こうばいせつ gradient theory

1件 の用語解説(勾配説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勾配説
こうばいせつ
gradient theory

卵または生物体において,生理的または生化学的活性の中心があり,これが中心から離れるに従い,減少する一定の活性の勾配をなしていて,形態的分化の基礎をなすという説。特に卵の発生では,胚の前後軸,背腹軸に沿って2重の勾配が想定される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勾配説の関連キーワード生物生産発芽催眠術ズーゲナイト混成砂岩生物砕屑物マッハ効果暴噴制御費用保険ハザード(危害要因)憲法14条1項

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone