勿体らしい(読み)モッタイラシイ

デジタル大辞泉の解説

もったい‐らし・い【×勿体らしい】

[形][文]もったいら・し[シク]もったいぶったようすである。
「彼はそれを―・く兄の前に置いた」〈漱石道草

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もったいらしい【勿体らしい】

( 形 ) [文] シク もつたいら・し
もったいぶったさまである。大層らしい。 「 - ・い口をきく」 「親父や母親おふくろに一々-・く挨拶をした後/あくび 潤一郎
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もったい‐らし・い【勿体らしい】

〘形口〙 もったいらし 〘形シク〙 (「らしい」は接尾語) もったいぶった様子である。たいそうらしい。もったいくさい。
仮名草子・ぬれぼとけ(1671)上「すぐれてながきはかまを着、はなしめぬきの小脇指、まへこごなりにさすままに、もったいらしく居なをりしは、大心学と見へにけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android