コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道草 ミチクサ

デジタル大辞泉の解説

みち‐くさ【道草】

[名](スル)
道ばたに生えている草。
目的の所へ行き着く途中で、他の物事にかかわって時間を費やすこと。「お使い帰りに道草する」

みちくさ【道草】[書名]

夏目漱石の小説。大正4年(1915)発表。大学教授である主人公健三が、世俗的社会に束縛され、孤独に生きるさまを描いた自伝的作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みちくさ【道草】

( 名 ) スル
〔「道草を食う」から〕 目的地へ行く途中で他の事に時間を使うこと。 「 -してはいけません」
道端に生えている草。
書名(別項参照)。
[句項目]

みちくさ【道草】

小説。夏目漱石作。1915年(大正4)「朝日新聞」連載。「吾輩は猫である」執筆当時の実生活を題材に、日常生活にひそむ危機に直面した知識人の姿を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道草
みちくさ

夏目漱石(そうせき)の長編小説。1915年(大正4)6月3日から9月10日まで、東京・大阪の『朝日新聞』に連載。同年10月、岩波書店刊。留学から帰国した健三は社交を避けて、研究の完成に心血を注ぐ。しかし、夫の手前勝手を責める妻お住のヒステリーに悩み、再会した昔の養父島田や小市民の暮らしにあえぐ兄夫婦など、恩愛と義理の絆(きずな)に縛られた心労も多い。島田とのトラブルは金銭で解決したが、世の中になにひとつかたづくもののないことを健三は知っていた。『吾輩(わがはい)は猫である』執筆前後の時期を描いた作品で、さまざまな煩労の解決を強いられた神経衰弱の日々が、執筆時の覚めた認識と合せ鏡にして回想される。愛と自己本位の葛藤(かっとう)、知識人の孤独など年来の主題が実生活を糧(かて)として検証され、日常生活の実感を彷彿(ほうふつ)する簡潔な描写が、その奥に潜む危機を暗示する傑作。[三好行雄]
『『道草』(岩波文庫・旺文社文庫・角川文庫・講談社文庫・新潮文庫) ▽桶谷秀昭著『夏目漱石論』(1972・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

道草 (ミチクサ)

植物。カヤツリグサ科の多年草。アブラガヤの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

道草の関連キーワードのんこのしゃあ吾輩は猫である思い見る・惟る心恥ずかしい陰日向に咲く勿体らしい業突く張り差し遣わす上っ調子切っ立つ機嫌買い為拗らす結わえるぐたぐた三好行雄朝日新聞袂時計はたり無信心慣用句

道草の関連情報