コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包含関係 ほうがんかんけい inclusion

翻訳|inclusion

2件 の用語解説(包含関係の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

包含関係
ほうがんかんけい
inclusion

集合 AB があって,A の元は必ず B の元であるとき,AB に含まれる,または AB の部分集合であるといって AB で表わす。通常は,一つの集合 Ω の部分集合 AB の間で考え,このとき Ω の部分集合全体は,この順序関係でブール束になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうがん‐かんけい〔ハウガン‐〕【包含関係】

ある集合が他の部分集合であるとき、二つの集合の間に成り立つ関係。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

包含関係の関連キーワード写像濃度順序集合直積直和部分集合不等式類別ド=モルガンの定理平行六面体の法則

包含関係の関連情報