化粧台(読み)けしょうだい

精選版 日本国語大辞典「化粧台」の解説

けしょう‐だい ケシャウ‥【化粧台】

〘名〙
① 化粧道具をのせるをあわせもったものが多い。
※大英游記(1908)〈杉村楚人冠前記浴場は方一坪許り、シャワー、バッスあり、化粧台(ケシャウダイ)あり、甚だ結構」
② 室内の装飾のため置く台。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「化粧台」の解説

けしょう‐だい〔ケシヤウ‐〕【化粧台】

化粧道具をのせておく台。
部屋の装飾として置く台。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android