コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北方ユーラシア文化 ほっぽうユーラシアぶんか

1件 の用語解説(北方ユーラシア文化の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

北方ユーラシア文化【ほっぽうユーラシアぶんか】

バルト海からオホーツク海に至る広大なツンドラ地帯・亜寒帯針葉樹林地帯・森林草原混生地帯に発達した先史時代文化の総称。骨角器の多用が全般的特徴である。比較的定住性の強い狩猟漁労民の後期旧石器時代文化に始まり,新石器時代には南方から農耕牧畜が伝えられ,櫛(くし)目文土器を特徴とする文化が成立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

北方ユーラシア文化の関連キーワード網走川オホーツクオホーツク海オホーツク海気団オホーツク海高気圧オホーツク文化バルチック海バルト海紋別小清水

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone