コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北方斑点病(トウモロコシ)

1件 の用語解説(北方斑点病(トウモロコシ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

北方斑点病(トウモロコシ)

最近冷涼地で発生が増加している斑点性の糸状菌病害。梅雨期前後に下葉から発生し、周縁部褐色、中心部灰白色、条状、長さ0.5〜3cm、幅0.1〜0.5cm程度の中肋に沿った病斑を多数形成する。激発した場合、病斑が拡大・融合し、葉が枯れ上がる。この病徴はレース3によるもので、わが国での発生はこのレースが中心であるが、やや短い条斑を形成するレース2も発生している。特定のトウモロコシ系統に円形の病斑を形成するレース1は日本ではまだ発生していない。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北方斑点病(トウモロコシ)の関連キーワード条斑細菌病(トウモロコシ)すす紋病(トウモロコシ)葉枯病(エンバク)斑点病(ライムギ)角斑病(チモシー)そばかす病(アカクローバ)そばかす病(シロクローバ)そばかす病(アルサイククローバ)そばかす病(ストロベリークローバ)そばかす病(スィートクローバ)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone