コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条五代記 ほうじょうごだいき

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじょうごだいき【北条五代記】

後北条氏の早雲,氏綱,氏康,氏政,氏直5代の逸話を集めた書。10巻。本書中に,北条氏の遺臣三浦浄心の著《見聞集》(32巻)から,北条氏にかかわる記事を抄録したものと述べられている。抄録者については未詳。北条氏の盛衰を項目をたてて記載しているが,史料として使用するには検討が必要である。諸刊本は項目数,内容に若干相違が見られる。《改定史籍集覧》所収。【下村 信博】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

北条五代記の関連キーワード南総里見八犬伝慶長見聞集カツオ韮山城軍配木刀歯黒指物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android