コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦浄心 みうら じょうしん

3件 の用語解説(三浦浄心の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦浄心 みうら-じょうしん

1565-1644 江戸時代前期の仮名草子作者。
永禄(えいろく)8年生まれ。北条氏の臣。小田原落城ののち江戸で商人となり,晩年は天海に帰依(きえ)。江戸の世相を記録した「慶長見聞集」,軍記「北条五代記」,遊里事情「そゝろ物語」などをあらわした。寛永21年3月12日死去。80歳。名は茂正。通称は五郎左衛門。別号に三五庵,木算。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三浦浄心

没年:正保1.3.12(1644.4.18)
生年:永禄8(1565)
江戸時代仮名草子作者。名は茂正,五郎左衛門と称する。浄心は法名。小田原の北条氏政に仕える武士であり,天正18(1590)年の小田原籠城を経験する。北条氏の滅亡後は江戸で商人となり,のちには天海僧正に帰依している。浪人をしていた江戸で,見聞した事柄を書き記したものが『慶長見聞集』であり,130を超える項目を有する。浄心にはほかに,北条氏にかかわる話を中心とした『北条五代記』,遊女に関係する話を集めた『そぞろ物語』(ともに1641年刊)などがある。いずれも資料として貴重。

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みうらじょうしん【三浦浄心】

1565‐1644(永禄8‐正保1)
江戸初期の仮名草子作者。名は茂正,通称は五郎左衛門。相模国の三浦道寸(義同)の同族で,北条氏政に仕えた武士であったが,主家滅亡ののち江戸に出て商人となる。のち天海僧正に帰依し,入道して浄心といい,三五庵木算入道の戯号を用いた。慶長年間の世相の見聞を記した《慶長見聞集》の著者として知られるが,ほかに《北条五代記》《順礼物語》《見聞軍抄》《そぞろ物語》の著がある。とくに《そぞろ物語》(1641)は,慶長の江戸の風俗を克明に書いているが,歌舞伎,元吉原の遊女町,湯女,遊女の西国への追放などを記して,風俗資料としても貴重なものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の三浦浄心の言及

【慶長見聞集】より

…江戸初期の見聞記。三浦浄心作。1614年(慶長19)刊。…

※「三浦浄心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三浦浄心の関連キーワード中院通為藤波種忠小倉公根会津焼正保小沢忠重立花種明林利玄宗吉吉田兼治

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone