コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条氏 ほうじょううじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北条氏
ほうじょううじ

(1) 桓武平氏の一支族。鎌倉幕府御家人中で最大の勢力を有した。平貞盛の子維将の子孫と伝えられる。伊豆国田方郡北条を本領とした。 11世紀末に時政が娘政子の夫源頼朝に従って鎌倉幕府創設に助力し,頼朝の重臣の一人となった。頼朝の死後は,2代頼家,3代実朝の両将軍が政子の所生であった関係から,幕府内部で北条氏の権勢が高まった。時政は対抗勢力の比企氏 (頼家夫人の生家) を倒し,政所別当となり,執権と称した。その子義時は侍所別当和田義盛を倒して政所,侍所両別当職を兼務し,以後,両職は北条氏が独占した。実朝横死ののち義時は京都から摂関家の幼児を幕府の首長に迎えて,みずから実質的に幕府政治の第一人者となった。承久3 (1221) 年に後鳥羽上皇が義時追討の命令を発したとき (→承久の乱 ) ,義時は多数の御家人の協力を得て自身と幕府の危機を乗越え,かえって幕府が朝廷を圧倒する機縁とした。義時の子泰時は貞永1 (32) 年に法令集『御成敗式目』を制定し,幕政の整備を進めた。泰時の孫時頼は三浦氏を倒した。時頼の子時宗のとき2度にわたり蒙古軍が九州に来襲したが (→元寇 ) 御家人の奮闘によりこれを退却させた。しかし時宗の孫高時のとき,後醍醐天皇の幕府打倒計画に多数の御家人が応じたため,元弘3 (1333) 年各地で攻撃を受け,北条氏は滅亡した (→元弘の乱 ) 。 (2) 戦国時代末期に相模国の小田原城を本拠に伊豆,関東諸国に勢威をふるった一族。伊勢新九郎長氏 (→北条早雲 ) を祖とする。鎌倉幕府執権の北条氏と区別して後北条 (ごほうじょう) 氏という。長氏が堀越御所を滅ぼして伊豆韮山に拠って北条氏と称し,次いで小田原城を攻め落し,そこを本拠とした。さらに三浦氏を滅ぼして関東に威をふるったが,天正 18 (1590) 年氏政,氏直父子が豊臣秀吉に降伏した。翌年氏直は秀吉に許され1万石を与えられた。また氏政の弟氏規の子孫は河内狭山に1万石で封じられ,明治になって子爵。 (→狭山藩 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

北条氏【ほうじょううじ】

(1)桓武平氏。平貞盛の曾孫(そうそん)直方を祖とする。直方の孫時方あるいは曾孫時家が伊豆北条に住んで北条氏を称したらしい。時政〔1138-1215〕の代,源頼朝の鎌倉幕府創建を助け,承久の乱で公家勢力を圧倒。源氏正統断絶後は執権政治を行い専制体制を固めた。元弘の乱および南北朝内乱で滅亡。→北条時政北条政子北条義時北条泰時北条時宗得宗(2)小田原北条氏。本姓は伊勢氏。鎌倉幕府の執権北条氏と区別して後北条氏という。初代長氏(北条早雲)は15世紀末堀越(ほりごえ)公方を倒し,伊豆より相模に進出。子氏綱の時関東南部を制圧し北条氏と称す。3代氏康,4代氏政の時関東地方の戦国大名として威を振るったが,5代氏直の時豊臣秀吉に攻められ1590年滅亡。その支流は江戸時代河内(かわち)国狭山(さやま)で1万石の大名となり,明治に至り子爵。
→関連項目安東氏内管領小田原征伐小田原評定葛西御厨神奈川鎌倉大番役鎌倉時代鎌倉幕府川越城国富荘椋橋荘相模国侍所執権政治摂家将軍高萩新宿中河御厨南部氏二月騒動新田氏糠部禰寝院人吉荘平井城藤原頼経宝治合戦北条時行松山(埼玉)厩橋御内人源頼朝横田荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうじょううじ【北条氏】

鎌倉幕府の執権であった一族(図)。その家督を〈北条九代〉という。桓武平氏庶流で,940年(天慶3)平将門を討った平貞盛の曾孫直方(なおつね)を始祖とする。直方は1028年(長元1)に平忠常追討を命ぜられて関東に下ったが失敗。以後5代は諸系図の異同が多く判然としないが,直方の孫時方あるいは曾孫時家が伊豆北条に土着して,在庁官人となり北条を称したらしい。以降,〈時〉を代々の通字としている。 時家の子時政の娘政子が将軍源頼朝に嫁して,2代将軍頼家,3代将軍実朝を生んだので,将軍外戚の地位を得,勢力伸張の端緒になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の北条氏の言及

【大隅国】より

…島津荘は一円荘として深河院,財部院,多禰島があり,半不輸領(寄郡)として横河院,菱刈郡,串良院,鹿屋院,肝付郡,禰寝北俣,下大隅郡などがあった。地頭は島津荘が守護島津忠久,正八幡宮領は中原親能であったが,島津氏は1203年(建仁3)比企氏の乱の縁座で守護職とともに同職を失い,以後北条(名越)氏が鎌倉期を通じて所有した(守護職は一時千葉氏が所持)。正八幡宮領は領家の反対で地頭職が縮小され,やがてほとんど廃止された。…

【鎌倉[市]】より

…八幡宮の東隣が源氏の居館の跡で,最初の幕府所在地,その中央背後に頼朝墓がある。北条氏が執権をつとめた時代の幕府は若宮大路の東にあったが,今は住宅が立て込んでいる。頼朝墓の東には社歴の古い荏柄(えがら)天神,1869年(明治2)創建の鎌倉宮があり,その北には覚園寺,鎌倉宮の東には二階堂永福寺跡,瑞泉寺がある。…

【後北条氏】より

…これは朝興の〈他国の凶徒〉論理に対抗して相武支配の正当性を主張するための改姓とみられる。この〈北条〉は鎌倉幕府の執権北条氏によるものであるが,その系図的結びつけは現在まだ明らかでない。したがって早雲以下5代を,鎌倉時代の北条氏と区別するために後北条氏と呼ぶ。…

【鎮西探題】より

…成立時期については,九州における聴訴権をもつ北条兼時,同時家が九州に下向した1293年(永仁1)説と,訴訟の裁断権をもつ北条(金沢(かねさわ))実政が初めて裁許状を発給した97年説がある。実政の後も北条(金沢)政顕(まさあき),北条(阿曾)随時(ゆきとき),北条(赤橋)英時(ひでとき)と北条氏一族が任命された(政顕と随時の間に政顕の子種時を入れるかどうかで意見が分かれている)。探題の下には,裁判裁決の迅速・公正をはかるために裁判事務を行う評定衆,引付(ひきつけ)衆,引付奉行人などの職員が置かれ,その機構は1300年(正安2)7月ごろ急速に整備された。…

【得宗】より

…鎌倉幕府執権北条氏の家督。徳宗,徳崇とも書く。…

【韮山城】より

…早雲は相模進出後も居城とし,1519年(永正16)に同地で没した。その子氏綱以降北条氏(後北条氏)の本拠は相模小田原城に移ったが,90年(天正18)豊臣秀吉の小田原征伐に際し,当城は山中城とともに小田原城防衛の最前線として重要性を再び増した。北条氏政の弟氏規以下3600の守備する同城に,3月29日から織田信雄ら4万余の豊臣方が攻撃。…

【肥後国】より

…そのため鎌倉幕府が成立すると,幕府=東国勢力の圧迫を受け,菊池氏は本領以外の大部分を奪われ,大友一族の詫磨氏などの入部を見ることになる。また広大な阿蘇本末社領については北条氏が預所兼地頭となり,球磨には遠江から相良(さがら)氏が,ややおくれて野原荘(荒尾市)には武蔵国御家人小代(しようだい)氏が地頭として入部した。 幕府を背景とする東国勢力の進出は,在地勢力との間に強い緊張関係をもたらすと同時に,新しい文化を生み出していった。…

【宝治合戦】より

…1247年(宝治1)6月,北条氏と三浦氏との間におこった合戦。三浦氏の乱ともいう。…

【陸奥国】より

…幕府設置の職としては,このほかに北辺の津軽に蝦夷管領(えぞかんれい)というものがあった。津軽から北海道に居住する蝦夷(えぞ)(アイヌか)を統轄・支配するもので,津軽に多くの所領をもつ北条氏がその地位にあったが,現地にいる代官は被官の安藤氏(安東氏)であった。 しかし鎌倉時代の陸奥国の支配機構の根幹は,郡,荘,保を単位に任命された郡地頭である。…

※「北条氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

北条氏の関連キーワード北条氏邸跡〈円成寺跡〉神奈川県鎌倉市常盤芳春院(1)河越城の戦北条五代記風魔小太郎三浦泰村蝦夷管領足利義氏仁田忠常相馬秀胤足利晴氏里見義弘北条氏堯円成寺跡太田氏房田村長栄北条氏政小山秀綱和田合戦

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北条氏の関連情報