北林 トモ(読み)キタバヤシ トモ

20世紀日本人名事典の解説

北林 トモ
キタバヤシ トモ

昭和期の社会運動家



生年
明治19(1886)年4月25日

没年
昭和20(1945)年2月9日

出生地
大阪

旧姓(旧名)
斎藤

学歴〔年〕
福岡県田隈村高小卒

経歴
大正9年ロサンゼルス郊外に住む北林芳三郎と写真結婚で結ばれた。農業に従事し 後洋裁業に転じた。当時宮城与徳の影響で社会主義に傾倒、プロレタリア芸術会に入り、モップル運動に参加した。昭和11年宮城の後を追って帰国、東京渋谷で洋裁学院に勤めた後、和歌山に移ったが、16年ゾルゲ事件で検挙され 5年の刑を受け和歌山刑務所に服役。その間に極度に衰弱し、20年保釈となったが 自宅に運ばれて死亡した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

北林 トモ (きたばやし とも)

生年月日:1886年4月25日
昭和時代の社会活動家;洋裁業
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android