北林 トモ(読み)キタバヤシ トモ

20世紀日本人名事典の解説

北林 トモ
キタバヤシ トモ

昭和期の社会運動家



生年
明治19(1886)年4月25日

没年
昭和20(1945)年2月9日

出生地
大阪

旧姓(旧名)
斎藤

学歴〔年〕
福岡県田隈村高小卒

経歴
大正9年ロサンゼルス郊外に住む北林芳三郎と写真結婚で結ばれた。農業に従事し 後洋裁業に転じた。当時宮城与徳の影響で社会主義に傾倒、プロレタリア芸術会に入り、モップル運動に参加した。昭和11年宮城の後を追って帰国、東京渋谷で洋裁学院に勤めた後、和歌山に移ったが、16年ゾルゲ事件で検挙され 5年の刑を受け和歌山刑務所に服役。その間に極度に衰弱し、20年保釈となったが 自宅に運ばれて死亡した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

北林 トモ (きたばやし とも)

生年月日:1886年4月25日
昭和時代の社会活動家;洋裁業
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android