コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北欧審議会 ほくおうしんぎかいNordic Council

1件 の用語解説(北欧審議会の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

北欧審議会

北欧(ノルディック地域)の5カ国(スウェーデンデンマークノルウェーフィンランドアイスランド)及び3つの自治地域(デンマークのフェロー諸島及びグリーンランド、フィンランドのオーランド島)でつくる協力機構。北欧審議会は1952年に発足した各国国会議員の機構で、コペンハーゲンに事務局を置く(かつてはストックホルム)。総勢87人の各国議員と、補充的に各国若干名の政府代表から成る。加盟国相互間の法律的・文化的・社会的協力など、広範な分野についての国際協力を組み立てる。北欧閣僚理事会は71年、先行していた議会間の協力(北欧審議会)の後を追うかたちで設立された。協力分野に応じてそれぞれ異なった閣僚が会合に出席する。事務局はコペンハーゲン。協力分野は、文化・教育・経済・環境・労働市場社会福祉・法律など、市民生活のあらゆる局面に及ぶ。北欧審議会と北欧閣僚理事会は一心同体の関係にあり、その2つが相まって、北欧諸国の教育制度社会福祉制度、法律制度は、かなり統一されたものとなっている。

(最上敏樹 国際基督教大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone