局面(読み)きょくめん

精選版 日本国語大辞典「局面」の解説

きょく‐めん【局面】

〘名〙
① 囲碁や将棋の盤面。また、そこで争われる勝負の形勢
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「人間の嗜好が、面にあらはれるものとすれば、窮屈なる碁石の運命はせせこましい人間の性質を代表して居ると云っても差支ない」
② 物事のなりゆき。形勢。情勢。〔日誌必用御布令字引(1868)〕
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「新しい局面を二人の間に開いて行くにも」
③ ある、限られた方面。
※真善美日本人(1891)〈三宅雪嶺〉国民論派〈陸実〉「国民論派は、〈略〉政治一方の局面に向って運行するものにはあらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「局面」の解説

きょく‐めん【局面】

碁や将棋の盤面。また、勝負の形勢。
物事の、その時の状況・状態。「新しい局面を迎える」「重大な局面に立つ」
[類語]事態趨勢場合現況近況近状現状現勢現段階模様様子様相状況実況情勢成り行き有りさま動静態様様態具合ぐあい概況形勢容体気配調子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android