コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海・バルト海運河 ほっかいバルトかいうんがNord‐Ostsee‐Kanal

1件 の用語解説(北海・バルト海運河の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほっかいバルトかいうんが【北海・バルト海運河 Nord‐Ostsee‐Kanal】

キール運河Kielkanalカイザーウィルヘルム運河とも呼ばれるユトランド半島の付け根のブルンスビュッテルBrunsbüttelとキール・ホルテナウKiel‐Holtenauを結ぶ全長98.7kmの運河。北海とバルト海を結び,外航船の通過できる世界有数の運河の一つである。すでに1777年から84年にわたって小規模ながらこの運河の前身が建設された。現在の形の運河は1887年新たに着工され,95年竣工した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone