コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海・バルト海運河 ほっかいバルトかいうんがNord‐Ostsee‐Kanal

世界大百科事典 第2版の解説

ほっかいバルトかいうんが【北海・バルト海運河 Nord‐Ostsee‐Kanal】

キール運河Kielkanal,カイザー・ウィルヘルム運河とも呼ばれる。ユトランド半島の付け根のブルンスビュッテルBrunsbüttelとキール・ホルテナウKiel‐Holtenauを結ぶ全長98.7kmの運河。北海バルト海を結び,外航船の通過できる世界有数の運河の一つである。すでに1777年から84年にわたって小規模ながらこの運河の前身が建設された。現在の形の運河は1887年新たに着工され,95年竣工した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

北海・バルト海運河の関連キーワードシュレスウィヒ・ホルシュタインカイザー・ウィルヘルム運河ノルト・オストゼー運河ノルトオストゼー運河キール(ドイツ)キール運河三大運河

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android