コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北米航空宇宙防衛軍 ほくべいこうくううちゅうぼうえいぐん North American Aerospace Defense Command

2件 の用語解説(北米航空宇宙防衛軍の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

北米航空宇宙防衛軍

NORAD」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北米航空宇宙防衛軍
ほくべいこうくううちゅうぼうえいぐん
North American aerospace defence command

略称NORAD。北米大陸を戦略攻撃から守る目的で、アメリカとカナダの両国が1957年に共同で設立した組織。司令部を、コロラド州コロラド・スプリングスの、シャイアン山の地下基地に置いている。アメリカ、カナダの80か所以上に警戒レーダーを配置し、防空システムとアメリカおよびカナダ軍の要撃戦闘機約300機により、カナダとアメリカの防空識別圏に侵入する全航空機への対処、対宇宙警戒、対戦略弾道ミサイル警戒を行っている。
 対宇宙警戒および対戦略弾道ミサイル警戒には、インド洋と西半球に3基の早期警戒衛星を宇宙探知・追跡システム(SPADATS)として配置するほか、大陸間弾道ミサイル探知用の弾道ミサイル早期警戒システム(BMEWS)3基地、その補助用にコブラディーン・レーダーと、周辺捕捉レーダー、攻撃専用レーダー(PARCS)を使用している。また潜水艦発射弾道ミサイル警戒用には、ペイブポウ・レーダーが使われる。爆撃機や巡航ミサイルなどの警戒用には、旧式の遠距離早期警戒(DEW)ラインにかわって、北部警戒システム(NWS)新型レーダーが建設されている。冷戦終結後は麻薬取締り監視も任務に加えられ、任務量の約3分の1を占めるに至っている。[青木謙知]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone