コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防空 ぼうくうair defense

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防空
ぼうくう
air defense

航空機やミサイルの攻撃から,軍隊自体や,人畜,工場,都市,国土などを守ること。積極防空と消極防空とがある。積極防空は,敵の航空機やミサイルをレーダなどで早期に発見し,迎撃して阻止するもので,防空識別圏の設定,早期警戒機,自動警戒管制システム弾道ミサイル用警戒組織などで飛行体を探知し,対空火器,対空ミサイル,迎撃機,弾道ミサイル迎撃ミサイル ABMなどで迎撃する。消極防空は,敵の攻撃効果を最小限の被害にとどめようとするもので,人畜や重要施設の疎開,核シェルター退避壕)の構築,消火,救護などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐くう〔バウ‐〕【防空】

航空機やミサイルによる空中からの攻撃を防ぐこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうくう【防空 air defense】

空から来攻する敵を撃破して敵の攻撃目標となっている対象を防護するとともに来攻企図を放棄あるいは挫折させる行動,または単に来攻する敵からその攻撃目標となっている対象を防護することをいう。防空には敵を要撃し妨害する積極防空と敵の攻撃効果を局限する消極防空があり,以下おもなケースについて述べる。
[航空機に対する国土の防空]
 国土周辺にレーダー網を重畳構成し,かつ洋上に早期警戒機を配置するなどして早期警戒を行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうくう【防空】

航空機・ミサイルなどによる空からの攻撃を防ぐこと。 「 -演習」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防空
ぼうくう
air defense

航空機、ミサイル、その他の飛行物体による空からの攻撃に対し、防衛・防御を行うこと。防空は、その手段によって「積極的防空」と「消極的防空」に分けられる。積極的防空とは、友軍の部隊や施設に対する、敵の航空脅威の探知・識別・迎撃・撃破を行うもので、戦闘機や対空ミサイルはもちろん、警戒レーダー、迎撃管制などの防空システムにより構築されている。他方消極的防空は、計画システムの構築、攻撃を受けるであろう目標の分散、迷彩化、抗站化掩体(こうたんかえんたい)などの建設によって、敵の攻撃効果を減殺させる手段のことである。消火活動や救難活動も、消極的防空に含まれる。
 防空活動は、第一次世界大戦で飛行船や航空機が軍事作戦に使われると同時に、積極的に行われてきた。望遠鏡や聴音機、サーチライトなどを使っての発見と識別、そして高射砲などによる攻撃で対処したり、阻害気球などを使って侵入を防いだ。さらに機銃を装備した戦闘機がつくられ、空中での戦闘により敵を撃墜・排除するようになった。第二次大戦中には、より遠くの目標を発見できるレーダーが実用化され、防空指揮もレーダーで行われるようになった。
 第二次大戦後は、電子技術の発達によりレーダーや誘導兵器の高性能化、さらにはコンピュータの導入により、今日では警戒管制組織の高機能化と自動化が実現している。要撃戦闘機も、誘導式空対空ミサイルを装備するようになり、さらに搭載レーダーの能力も高まって、全天候下での完全な要撃戦闘が可能になった。地上の対空火器も、レーダーと連動する対空機関砲や対空ミサイルが、著しい進歩を遂げている。また、警戒レーダーを搭載した早期警戒機を空中に配備するとともに、対空ミサイルの高性能化によって、巡航ミサイルのような小型・高速・低空飛行目標に対しても、対処能力を得ている。残る問題は弾道ミサイルからの防空で、対空ミサイルの活用が考えられているがまだ解決しなくてはならない問題も多く、レーザーによる遠距離要撃などの手法が研究されている。
 戦闘機で平時から行われている積極的防空の一つが、緊急発進待機で、不明目標の接近に対してスクランブル発進をかけ、領空侵犯などを未然に防いでいる。また、敵の来襲が確実であったり、特定の目標の防護、掩護(えんご)しにくい重要目標がある場合などには、戦闘空中哨戒(しょうかい)とよぶ、空中での警戒待機も行われる。[青木謙知]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

防空の関連情報