コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北野太郎左衛門 きたの たろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北野太郎左衛門 きたの-たろうざえもん

?-? 江戸時代前期の農民。
肥前高来(たかき)郡(長崎県)小浜(おばま)村の人。島原藩主の命により横目の役につく。寛永14年(1637)の島原の乱千々石(ちぢわ)村の一揆(いっき)勢をしずめるのに功があり,乱後着任した藩主高力忠房(こうりき-ただふさ)から乙名(おとな)の役に任じられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android