北野太郎左衛門(読み)きたの たろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北野太郎左衛門 きたの-たろうざえもん

?-? 江戸時代前期の農民。
肥前高来(たかき)郡(長崎県)小浜(おばま)村の人。島原藩主の命により横目の役につく。寛永14年(1637)の島原の乱千々石(ちぢわ)村の一揆(いっき)勢をしずめるのに功があり,乱後着任した藩主高力忠房(こうりき-ただふさ)から乙名(おとな)の役に任じられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android