コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小浜 おばま

5件 の用語解説(小浜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小浜
おばま

長崎県南東部,雲仙市南部の旧町域。島原半島西部,橘湾に面する。 1924年町制。 1955年北串山村と合体。 2005年国見町,瑞穂町,吾妻町,愛野町,千々石町,南串山町と合体して雲仙市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

小浜
おばま

福島県北東部,二本松市中央部にある旧町域。 1955年近隣2村と合体して岩代町となり,2005年二本松市となった。かつては絹織物の産地で,養蚕が盛んであったが,近年は畜産や葉タバコの栽培が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おばま〔をばま〕【小浜】

福井県西部の市。もと酒井氏の城下町小浜湾に面し、中世以来港町として発展。漁業が盛ん。若狭(わかさ)塗の産地。遠敷(おにゅう)川の流域には奈良東大寺お水取りの水を送る神事で知られる鵜(う)の瀬がある。人口3.1万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おばま【小浜】

福井県西部、小浜湾に面する市。旧城下町。若狭地方の中心地で、商業・漁業が盛ん。湾岸は景勝地、また文化財を有する社寺が多い。特産物に若狭塗がある。
長崎県島原半島中西部、雲仙岳の西麓にある、温泉・観光の町。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小浜
おばま

長崎県南高来(みなみたかき)郡にあった旧町名(小浜町(ちょう))。現在は雲仙(うんぜん)市の南部を占める。旧小浜町は1924年(大正13)町制施行。1955年(昭和30)北串山(きたくしやま)村と合併。2005年(平成17)国見(くにみ)、瑞穂(みずほ)、吾妻(あづま)、愛野(あいの)、千々石(ちぢわ)、南串山(みなみくしやま)の6町と合併、市制施行して雲仙市となった。旧町域は島原半島の中西部に位置し、橘(たちばな)湾(千々石湾)に臨む。国道57号、251号、389号が通じる。山と海の温泉郷で、山に雲仙温泉を有し、海岸に小浜温泉がある。地域の大半は雲仙天草(あまくさ)国立公園に含まれる観光の町で、観光施設が多い。海岸の突堤には噴泉塔があり、噴湯は高さ25メートルに達する。北部の富津(とみつ)は風光明媚(めいび)な漁港。南部の諏訪(すわ)池は水鳥の楽園といわれる保養地で、休暇村雲仙となっている。そのほか、雲仙岳を中心とする山岳美、渓谷美は有名。また、雲仙への登山路に沿う集落にはブドウ園やシイタケ栽培がみられる。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小浜の関連キーワード福住福良福浦浮沈骨に徹する福谷福丸福本町福吉

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小浜の関連情報