コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千々石 ちぢわ

3件 の用語解説(千々石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千々石
ちぢわ

長崎県南東部,雲仙市北西部の旧町域。島原半島の西岸,橘湾 (千々石湾) に臨む。 1928年町制。 2005年国見町,瑞穂町,吾妻町,愛野町,小浜町,南串山町と合体して雲仙市となる。中世の豪族千々石氏の根拠地,釜蓋城跡がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちぢわ【千々石】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千々石
ちぢわ

長崎県南高来(みなみたかき)郡にあった旧町名(千々石町(ちょう))。現在は雲仙(うんぜん)市の中央部を占める。旧千々石町は1928年(昭和3)町制施行。2005年(平成17)国見(くにみ)、瑞穂(みずほ)、吾妻(あづま)、愛野(あいの)、小浜(おばま)、南串山(みなみくしやま)の6町と合併、市制施行して雲仙市となった。旧千々石町域は島原半島の北西部に位置し、雲仙岳西麓(ろく)に広がる。千々石断層崖(がい)下に発達する地域で、橘(たちばな)湾に臨む千々石低地は、『肥前国風土記(ひぜんのくにふどき)』に記されている土歯(ひじは)ノ池に相当し、古くは入り江であったが海岸砂丘の発達とともに潟(かた)(池)となり、さらに陸化したもので、低地内に残存する蓮田(はすだ)はその名残(なごり)である。国道57号が通じ、JR長崎本線諫早(いさはや)駅からバスがある。地域の中心野田地区は近世には旧街道沿いの街村であった。主産業は農業。小倉(おぐら)には中世、千々石氏の山城(やまじろ)があり、初代城主は天正(てんしょう)遣欧使節千々石ミゲル(本名清左衛門(せいざえもん))の父という。山麓(さんろく)に日露戦争の軍神とされる橘周太(1865―1905)中佐を祀(まつ)る橘神社がある。西部の海岸砂丘上には塩屋(しおや)、塩浜(しおはま)、船津(ふなづ)の漁業集落があり、イワシ網と煮干しを主とし、近年ハマチ養殖を導入。塩屋には海水浴場がある。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千々石の関連キーワード雲仙長崎県雲仙市愛野町乙長崎県雲仙市愛野町甲小浜〈町〉長崎県雲仙市小浜町雲仙長崎県南島原市北有馬町戊千々石〈町〉長崎県雲仙市千々石町己長崎県雲仙市千々石町丙長崎県雲仙市南串山町丙

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千々石の関連情報