コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙名 おとな

4件 の用語解説(乙名の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乙名
おとな

長老の意で,ほかに大人,老人,宿老などの文字をあてる。最初は宮座の長老をさしたが,室町時代以降,郷村制の発達につれて村落の代表者,指導者をさすようになった。乙名は普通村落内の有力な名主層で,惣村,惣庄の代表として境争論,用水管理など村落の利害を代表し,また領主の年貢課役徴収の責任も負った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おと‐な【乙名】

《「おとな(大人)2」の意》
(「長老」「宿老」とも書く)室町時代、惣(そう)を指導した有力な名主(みょうしゅ)
江戸時代、長崎で町役人の職名。長崎奉行に属し、町内の行政事務を扱った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おとな【乙名】

〔「おとな(大人)」と同源〕
一族の長。家長。 「父はただ我を-にしすゑて/更級」
宮中に仕える女房のかしら。長老格の女房。 「さやうのことは所の-などになりぬれば/枕草子 158
武家の家臣のかしらとなる人物。家老・年寄の類。 「よき人物なれば、これを-になし申すべし/御伽草子・猿源氏」
中世末期、村落の代表者。もと宮座の指導層をさしたが、村落の自治組織の発達につれ、名主層から選ばれて、村落の利害を代表した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乙名
おとな

一般的には一族・集団のおもだった者をさすが、歴史的には室町・戦国期の村落指導者をさす名称である。大人、年老、宿老、長などと書かれる場合もある。本来は宮座において最高の年齢や地位の者をさしたが、中世村落では宮座の有力者が村落の指導者となることが多く、室町時代になって惣(そう)的結合が発展すると、広くその指導者の呼称とされるようになった。宮座において乙名になるのには一定の家格と年齢、財産が必要とされ、「おとな成(なり)」の儀式を経なければならなかった。乙名の人数は各村落で異なっていたが、1461年(寛正2)の近江(おうみ)国菅浦荘(すがうらのしょう)(滋賀県長浜(ながはま)市西浅井町菅浦(にしあざいちょうすがうら))では、上(うえの)20人乙名、次中(つぎのちゅう)乙名、末(すえ)の若衆という組織があったことが知られ、また山城(やましろ)国山科(やましな)七郷(京都市山科区)では各郷に年老、中(ちゅうろう)、若衆がいた。乙名層は、村落の指導者として農民の抵抗や闘争を組織したが、一方では最下層の荘官として、年貢、公事(くじ)の徴収実務にあたることもあった。[黒川直則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乙名の関連キーワード大人大人し大人立つ大人っぽい大人並み・大人並大人びる大人気無い大人心大人染みる大人並大人振る

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乙名の関連情報