コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医宗金鑑 いそうきんかんYī zōng jīn jiàn

1件 の用語解説(医宗金鑑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いそうきんかん【医宗金鑑 Yī zōng jīn jiàn】

清の乾隆帝の命によって1749年(乾隆14)に刊行された,中国の伝統医学全書。90巻。臨床治療に役立てることを目的として,歴代諸家の説を整理したうえ,歌の形にした部分があったり,図を加えたりして,理解と記憶をしやすくしてある。したがって中国医学独特の理論は取りあげていない。発刊当時から現在まで中国の臨床家の最重要の標準テキスト一つとして利用され続けている。【赤堀 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

医宗金鑑の関連キーワード信達騒動信達一揆吉田藩(三河国)博多あまおう大塚家具アペール大田南畝お園六三遠羅天釜グリーンパーク

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone