コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医宗金鑑 いそうきんかんYī zōng jīn jiàn

世界大百科事典 第2版の解説

いそうきんかん【医宗金鑑 Yī zōng jīn jiàn】

清の乾隆帝の命によって1749年(乾隆14)に刊行された,中国の伝統医学全書。90巻。臨床治療に役立てることを目的として,歴代諸家の説を整理したうえ,歌の形にした部分があったり,図を加えたりして,理解と記憶をしやすくしてある。したがって中国医学独特の理論は取りあげていない。発刊当時から現在まで中国の臨床家の最重要の標準テキストの一つとして利用され続けている。【赤堀 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

医宗金鑑の関連キーワード漢方医学緒方春朔

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android