コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国医学 ちゅうごくいがくZhōng guó yī xué

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうごくいがく【中国医学 Zhōng guó yī xué】

中国で発達した伝統医学をいい,現在でも中国とその周辺諸国で用いられている。日本もこの医学を受け入れ,1883年(明治16)西洋医学を習得することが医師に義務づけられるまで,もっぱらこの体系による治療が行われてきたが,江戸時代以後は中国本土とは違う独特の展開をみせた。これを漢方医学というが,この言葉は中国医学とほとんど同義に使われることもあるから注意を要する(東洋医学)。
[特徴]
 中国医学で用いている薬品は,生薬(しようやく)つまり乾燥とか細切などの簡単な加工を施しただけの天産品である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

中国医学の関連キーワードアーサー クラインマン外国料理のトレンド稗田 憲太郎曲直瀬道三岡西 為人大同類聚方クライアー医宗金鑑格体全録和剤局方饗庭東庵丹波康頼経絡治療五臓六腑代替医療岡西為人田代三喜中薬志陳立夫臓腑説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中国医学の関連情報