十乗観法(読み)ジュウジョウカンポウ

デジタル大辞泉の解説

じゅうじょう‐かんぽう〔ジフジヨウクワンポフ〕【十乗観法】

天台宗で、悟りの境地に至るために行われる10種の観法。観不思議境・起慈悲心(発真正菩提心)・巧(ぎょう)安止観(善巧安心止観)・破法遍・識通塞(しきつうそく)・修道品(道品調適)・対治助開(助道対治)・知次位・能安忍・無法愛(離法愛)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうじょうかんぽう【十乗観法】

〘仏〙「摩訶止観」に説かれる、解脱げだつの境地に達するための天台宗の10種の観法。修行者の能力に従って修行すべき観心の数や方法・順序が定められている。止観十乗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうじょう‐かんぼう ジフジョウクヮンボフ【十乗観法】

〘名〙 仏語天台宗円頓止観(えんどんしかん)を行なうに当たって、その軌範とする一〇種の観じ方。この一〇によって悟りの境界に導かれるというところから、十乗という。すなわち、観不思議境・真正発菩提心・善巧安心止観・破法編・識通塞・道品調適・対治助聞・知次位・能安忍・無法愛の総称。十乗。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android