コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十乗観法(読み)ジュウジョウカンポウ

デジタル大辞泉の解説

じゅうじょう‐かんぽう〔ジフジヨウクワンポフ〕【十乗観法】

天台宗で、悟りの境地に至るために行われる10種の観法。観不思議境・起慈悲心(発真正菩提心)・巧(ぎょう)安止観(善巧安心止観)・破法遍・識通塞(しきつうそく)・修道品(道品調適)・対治助開(助道対治)・知次位・能安忍・無法愛(離法愛)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうじょうかんぽう【十乗観法】

〘仏〙「摩訶止観」に説かれる、解脱げだつの境地に達するための天台宗の10種の観法。修行者の能力に従って修行すべき観心の数や方法・順序が定められている。止観十乗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android