十五年の反乱(読み)じゅうごねんのはんらん(英語表記)The Fifteen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十五年の反乱
じゅうごねんのはんらん
The Fifteen

1715年イギリスで起ったジャコバイトの反乱。 14年新たにハノーバー朝が成立し,15年うしろだてであったフランス王ルイ 14世が死去したことなどから,国内のジャコバイトと亡命中の大王位僭称者 J.F.E.スチュアートが連絡して決起。根拠地はスコットランドで,9月6日に6代マー (伯) がパースで挙兵し,高地人氏族を集めて南下。 11月 13日マー軍は,スターリング近くのシェリッフミュアで国王派の2代アーガイル公ジョン (→アーガイル〈伯・公家〉 ) の軍と対戦し,勝敗のつかないまま進撃を断念してパースに戻った。その間,フランスからデボンシャーに上陸して兵を集めようとした2代オーモンド (公) の試みは失敗,ノーサンバーランドで蜂起した T.フォースターの軍は,スコットランド軍と首尾よく合流して南下したが,同じ 11月 13日プレストンで撃破された。 12月大王位僭称者はフランスからスコットランドに上陸したが,もはや形勢を挽回しえず,16年2月マー伯とともにフランスに逃げ帰った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android