コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十善戒 ジュウゼンカイ

デジタル大辞泉の解説

じゅうぜん‐かい〔ジフゼン‐〕【十善戒】

十善を守るための戒律十戒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうぜんかい【十善戒】

十善を保つための戒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の十善戒の言及

【十善】より

…すなわち,身体において殺生(せつしよう)(殺すこと),偸盗(ちゆうとう)(盗むこと),邪淫(じやいん)(男女の交わりのよこしまなこと),言葉においては妄語(もうご)(うそをつくこと),両舌(りようぜつ)(仲たがいさせることばをいうこと),悪口(あつく)(わるくちをいうこと),綺語(きご)(でたらめをいうこと),意においては貪欲(とんよく)(むさぼること),瞋恚(しんい)(怒ること),邪見(じやけん)(誤った考え方をすること)の,それぞれをなさないことである。この十善をきびしく守ることを十善戒といい,江戸時代後期の慈雲が広く説いた。国王,天皇,またはその位を十善というのは,前世で十善を行った功徳によってその位についたと考えられたからである。…

※「十善戒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十善戒の関連キーワード十戒・十誡雲照律師寂室堅光十善法語慧琳尼天皇密教飲光雲照慈雲