コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十善 じゅうぜん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十善
じゅうぜん

仏教用語。十悪十悪業道に対する語。 10種の悪をなさないこと。十善業道ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐ぜん〔ジフ‐〕【十善】

仏語。十悪を犯さないこと。不殺生・不偸盗(ふちゅうとう)・不邪淫・不妄語・不両舌・不悪口(ふあっく)・不綺語(ふきご)・不貪欲(ふとんよく)・不瞋恚(ふしんに)・不邪見

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうぜん【十善】

10種類の行を総称した仏教用語。十悪に対する。十善業(じゆうぜんごう),十善道(じゆうぜんどう),十善業道(じゆうぜんごうどう)などともいう。仏教では人間の行為のすべてを身体,口(言葉),意(こころ)の3種に分かち,十善とは身三口四,意三の悪行(十悪)をなさないことである。すなわち,身体において殺生(せつしよう)(殺すこと),偸盗(ちゆうとう)(盗むこと),邪淫(じやいん)(男女の交わりのよこしまなこと),言葉においては妄語(もうご)(うそをつくこと),両舌(りようぜつ)(仲たがいさせることばをいうこと),悪口(あつく)(わるくちをいうこと),綺語(きご)(でたらめをいうこと),意においては貪欲(とんよく)(むさぼること),瞋恚(しんい)(怒ること),邪見(じやけん)(誤った考え方をすること)の,それぞれをなさないことである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうぜん【十善】

〘仏〙
十悪、すなわち殺生・偸盗ちゆうとう・邪婬じやいん・妄語・綺語きご・両舌・悪口・貪欲・瞋恚しんい・邪見を犯さないこと。 → 十悪
天子・天皇のこと。十善の君。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

十善の関連キーワード身三口四意三人となる道醇厚・淳厚唐人屋敷十善法語渡辺雲照十善の王十善の主十善の位十善の君十善帝王雲照律師十善万乗不器量慧琳尼帯する十善戒大義仏語伏蔵

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android