コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十徳四幅袴 ジットクヨノバカマ

デジタル大辞泉の解説

じっとく‐よのばかま【十徳四×袴】

十徳を着て四幅袴を着用した服装。犬追物(いぬおうもの)の矢取り・犬引き、または馬の口取り板輿(いたごし)をかく者などが用いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっとくよのばかま【十徳四幅袴】

十徳と四幅袴を着けたいでたち。武家の小者などの服装。十徳四布しふ袴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の十徳四幅袴の言及

【十徳】より

…二幅(ふたの)(約68~76cm)の広袖で,胸ひも,菊綴(きくとじ)があり,両わきは縫いふさいである。元来は家の中で小袖の上にはおって着る私服であったと思われるが,江戸時代になってからは中間,小者の服装として,十徳四幅袴(じつとくよのばかま),すなわち下に四幅のたっつけのような袴をはき,その上へ布の十徳を放着(はなちぎ)にして帯をするのがきまった形となった。将軍家の駕籠舁(かごかき)は,この姿であったという。…

※「十徳四幅袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

十徳四幅袴の関連キーワード十徳小者

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android