コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四幅袴/四布袴 ヨノバカマ

大辞林 第三版の解説

よのばかま【四幅袴】

前後二幅ずつ、四幅で仕立てた袴。膝ひざまでの丈で裾がやや狭い。菖蒲革または黒革の菊綴じをつけたものもある。中間ちゆうげんや小者こものが着用した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の四幅袴/四布袴の言及

【袴】より

…古く小袴はつねに素襖(すおう)に着用されたが,また直垂(ひたたれ),水干(すいかん)にも用いられた。(7)四幅袴(よのばかま) 前後各二布,計四布をもって仕立てた袴で,丈が短く,ひざから下を露出するので,股(また)はき,脚絆(きやはん)などでこの部分をおおった。鎌倉時代以降,下級武士がこれを着用した。…

※「四幅袴/四布袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四幅袴/四布袴の関連キーワード十徳四幅袴菊綴じ脚絆直垂菊綴十徳四幅小者

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android