コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十月勅令 じゅうがつちょくれいOktoberedikt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十月勅令
じゅうがつちょくれい
Oktoberedikt

1807年 10月9日,ドイツのプロシアで発布された農民解放令。「土地財産の保有簡易化および自由使用,ならびに農村住民の身分的関係に関する布告」の略称。 K.シュタインの首相就任5日目に発布されたが,それ以前に T.シェーンらの属する王直属委員会によって立案され,シュタインが受継いで公布した。土地売買自由の原則,職業選択に関して貴族・市民・農民の障壁の撤廃,世襲的土地保有農民の保有地併合の禁止および世襲隷農制廃止を規定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

十月勅令の関連キーワードプロイセン改革

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android