コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千家新流 せんけしんりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千家新流
せんけしんりゅう

生け花の流派名。千家流,入江流ともいう。酔花斎入江玉蟾が創流。玉蟾は医者で,茶道を千家系の滝川維舟から享保年間 (1716~36) の中頃に学び,同時に生け花の研究をしたことが『挿花千筋の麓』 (67) の用捨庵河邨 珉雪の跋文にみえる。現在,流名は失われたが分派は多数残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android