跋文(読み)ばつぶん

精選版 日本国語大辞典「跋文」の解説

ばつ‐ぶん【跋文】

〘名〙 書物の、本文のあとに書く文章。(ばつ)。あとがき。
※滑稽本・東海道中膝栗毛‐発端(1814)叙「感称の余り跋(バツ)文を乞ふて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の跋文の言及

【跋】より

…あとがき。跋文,後跋(こうばつ),後序ともいう。そのほか後世につけ加えたりしたものもまとめて奥書(おくがき)という。…

※「跋文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android